コロナワクチン接種 舌下免疫療法 睡眠時無呼吸症候群 花粉症レーザー治療 フラッシュ光線療法 オーソモレキュラー療法

グルタチオン点滴療法

トップ

グルタチオン点滴療法  

グルタチオンはグルタミン酸・システイン・グリシンという3つのアミノ酸が結合したトリペプチド。
生命に必須の物質。

がん化や老化の抑止の観点から注目されています。

グルタチオンは組織に広く分布するSH基をもった化合物です。

還元型グルタチオンはグルタチオンペルオキシダーゼを介して過酸化水素や脂質ヒドロペルオキシドを還元し解毒します。

また抗アレルギー作用があります。

なお、グルタチオンの経口投与は腸に吸収されるまでに多くが壊れてしまうため、点滴療法と比べて著しく効果が低くなります。

《適応症》
パーキンソン病
あらゆる認知症
腰痛・背部筋痛
膠原病
抗がん剤による末梢神経障害
閉塞性動脈硬化症
デトックス(体内解毒)
化学物質暴露による障害
慢性肝疾患による肝機能の改善
線維筋痛症
多発性硬化症
過敏性腸炎
慢性疲労症候群
風邪の初期症状
慢性関節リウマチの疼痛
妊娠悪阻
アトピー性皮膚炎・慢性湿疹・急性湿疹
肝斑
炎症後色素沈着
角膜損傷の治癒促進
放射線療法による白血球減少症
放射線による口腔粘膜の炎症
アンチエイジング
老衰

《症例》
々睥陲燃萠歪祺次衰弱している方に、1週間連日グルタチオン点滴することで、お孫さんの結婚式に無事出席できたという例があります
▲僉璽ンソン病 72歳
両足が床に貼りついたようだったのが、グルタチオン点滴30分後歩行改善
パーキンソン病
両手が脇に貼りついての歩行が、グルタチオン点滴15分後、手を振る歩行に改善
ぅ僉璽ンソン病 55歳女性 
10年来のパーキンソン病で、第一歩がなかなか踏み出せない。
グルタチオン点滴50分後、スムースな歩行が可能になる。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional