コロナワクチン接種 舌下免疫療法 睡眠時無呼吸症候群 花粉症レーザー治療 フラッシュ光線療法 オーソモレキュラー療法

花粉症レーザー治療

アレルギー性鼻炎のレーザー治療  

鼻アレルギー(花粉症含む)レーザー手術について

アレルギー性鼻炎があると、鼻粘膜の上でアレルギー反応が起こります。
この結果、鼻粘膜が腫脹し、鼻の穴の空気の通りが悪くなり、鼻づまりを起こします。

薬は、くしゃみ・鼻水などの症状を抑えますが、この粘膜の腫脹に対する効果はあまりありません。

こうした場合、以前は鼻の粘膜をメスで切って腫脹を取っていたのですが、この方法では出血しますので入院が必要でした。

近年、メスの替わりにレーザーを用いて鼻粘膜を焼灼する手術が行われるようになりました。

鼻の中にガーゼを入れて表面のみを麻酔し、レーザーで焼灼するもので、痛みもほとんどなく出血も少ないため入院は不要です。

片側10分位、両方で20分程度の手術です。

手術当日から、入浴などの日常生活に特に制約はありません。

手術当日のみ飲酒しないほうが良い、一週間程度水泳をしないほうが良いといった程度です。

1回の手術でほとんどの人に効果がありますが、1回で不十分な場合はもう1回追加します。

これを合わせると、80〜90%の人に効果がみとめられます。
(重症の方は数回必要になることもあります)

但し、粘膜が再生する際に再び腫脹ををおこすことがあり、何年か後に再生した鼻粘膜がアレルギーで再び感作され再発する恐れがあります。

この場合にはもう一度手術を行います。

前述したように出血も少なく、入院の必要もない簡単な手術ですので、数年に一度することで持続的効果も望めます。

手術後10日程は「カサブタ」がついて、鼻づまりがひどくなりますので、処置、投薬を受けてください。
「カサブタ」がとれれば通院不要になります。

副作用はほとんどなく、比較的簡単に受けられる手術なので、鼻づまりでお悩みの方は、遠慮なくご相談ください。

術創が落ち着き効果がはっきりするのに1〜2ヶ月かかりますので、2月からの花粉症(スギ、ヒノキ)に対しては、前年内の手術が望まれます。

手術は基本的に中学生以上の方なら可能です。(動かないことが出来る方)

手術ご希望の方は予約をお願いいたします。

手術の費用は健康保険の3割負担の方で、両側約8770円です。

携帯サイト、ブックマークして下さい。  

いつでも情報チェックできます。QRコード

a:9641 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional