コロナワクチン接種 舌下免疫療法 睡眠時無呼吸症候群 花粉症レーザー治療 フラッシュ光線療法 オーソモレキュラー療法

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは  

睡眠中に呼吸が止まる、または浅く・弱くなることで、

日常生活に障害を引き起こす疾患です。

夜間に繰り返し起こる無呼吸・低呼吸により、

血液中の酸素が低下したり、

頻繁に中途覚醒が発生し、

高血圧・不整脈・狭心症・心筋梗塞・心不全・脳卒中・頭痛・

うつなどの原因になります。

また、居眠り運転による交通事故の頻度も健常人の10倍になると

報告されており、積極的な治療が必要です。

睡眠時無呼吸症候群の検査  

耳鼻咽喉科的に気道狭窄の原因となるアレルギー性鼻炎・

鼻中隔湾曲症・副鼻腔炎・口蓋扁桃肥大・アデノイド肥大など

が無いかを診察します。

当院では、「いびきがひどい」

「睡眠時に呼吸が止まる」

「昼間に眠い」

などの 症状で受診された患者さんに、

睡眠時呼吸モニターを貸し出しています。

これを使ってご自宅でデータを取っていただき解析すると、

睡眠時にどれだけ呼吸が止まっているかを知ることができます。

それにより適切な治療法のアドバイスをいたします。

詳しくはこちら👇

無呼吸ラボ

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional