花粉症レーザー治療 I2PL フラッシュ光線療法 分子整合栄養医学 オーソモレキュラー療法サプリメント外来 栄養療法 高濃度ビタミンC点滴 がん治療 そううつ病 パニック障害 ADHD ASD 自閉症 統合失調症 パーキンソン病 アトピー性皮膚炎 にきび マイヤーズ・カクテル点滴 グルタチオン点滴 禁煙外来 アンチエイジング めまい 漢方治療 ハイドロキノン しみ治療 美肌治療 にんにく注射 男性型脱毛症 プロペシア 

Hibワクチン

トップ

Hibワクチン  

インフルエンザ菌b型(Hib)による髄膜炎の予防にHibワクチンを!

インフルエンザ菌はインフルエンザウィルスとは全く別の細菌で、髄膜炎菌、肺炎球菌と並び乳幼児の髄膜炎を引き起こす病原体のひとつです。

とくにインフルエンザ菌は、治療困難な化膿性髄膜炎を発症させる確率が最も高い病原体のため問題になっています。

国内では年間1000人(Hibによるのは600人)が発症しており、罹患児の5%が死亡、25%に聴覚障害やてんかんなどの後遺症がでると報告されています。

特に多いのが5歳未満で、その半数が1歳未満の乳児です。特に乳幼児の場合は、症状が急変したり治療が間に合わなかったりで死に至るケースもあります。

Hib による疾患は、初期は胃腸炎に似ていて診断が難しく、抗生物質の乱用でHibの薬剤耐性化が年々進みさらに治療が難しくなっています。

欧米では1987年からHibワクチン定期予防接種を導入し、髄膜炎の患者が100分の1に激減し効果の高さが確認されており、100カ国以上でワクチンが使われています。

一方、日本は、先進国の中で唯一ワクチン未承認のままになっていました(北朝鮮よりも遅れていました)が、2006年12月やっと接種可能になったのです。

接種開始年齢:生後2ヶ月以上7ヶ月未満
5歳以上は感染することがほとんどないので接種不要

接種開始年齢によって、接種回数やタイミングが異なります。

初回接種が生後2〜7ヶ月未満の場合
初回;通常3回、いずれも4〜8週間の間隔で皮下注射します。
追加;通常、初回免疫後の約1年後に1回接種します。

初回接種が生後7〜12ヶ月未満の場合
初回;通常2回、いずれも4〜8週間の間隔で皮下注射します。
追加;通常、初回免疫後の約1年後に1回接種します。

初回接種が1〜5歳未満の場合
通常、1回のみ接種します。

他のワクチンとの接種間隔
生ワクチンを接種した場合は通常、27日以上
他の不活化ワクチンを接種した場合は、通常、6日以上間隔をあけて接種して下さい。

尾張旭市に在住しているお子様には、費用の一部が助成されます。  

尾張旭市より

Hibワクチン(インフルエンザ菌b型)接種費用の助成について

乳幼児の髄膜炎や肺炎、敗血症など重篤な感染症を予防するヒブワクチンの接種について、費用の一部を助成します。
■対象者
・平成22年4月1日以降にヒブワクチンを接種された方で、生後2カ月〜5歳未満の乳幼児
・ヒブワクチン接種を受けた時点で市内に在住している方
■助成費用
・ワクチン接種にかかる費用のうち4,000円(1人1回限り)
■申請期間
・ヒブワクチンを接種してから1年以内
■申請方法
・下記の必要な書類を持参し、直接健康課へ
印鑑
領収書(ヒブワクチンを接種したことがわかるもの)
母子健康手帳(ヒブワクチンを接種した記録があるもの)
申請者名義の預金通帳など口座のわかるものの写し
■周知方法
・広報、ホームページ掲載

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional